バレーボールが上達する練習法のDVD

こんばんは、美夏です。早いもので、もう週末ですね。お盆が明けてから時間が経つのが早い気がします。今週末はママさんバレーの練習があるので、汗を流してきます。

本日はママさんバレーの教材について書いてみようかなと考えています。ネットを閲覧していると、いろいろなバレーボール教材を目にします。書籍もありますが、DVD教材が多いですね。動画で動作を見れたほうが分かりやすいですよね。私はスパイクが上手くなりたいので、スパイクの練習方法に特化した教材を探しました。

加藤陽一のスパイク上達革命というバレーボール教材があるのです。スパイク上達革命は、ママさんバレーと小中学生のジュニアを対象とした教材です。ママさんバレー練習方法を解説した教材もあるのです。前回の記事で紹介した個人指導の東京バレーボールアカデミーもいいですが、スパイク上達革命はDVDによる教材なので、チームメイトでシェアできますよね。みんなで一緒に見たり、順番に回して動画を視聴するのです。それから、DVDに収録されている練習メニューを実践したほうが上達すると思うのです。

TVAのような個別指導だと、みんなで参加すると金銭的な負担が大きくなります。DVDによるバレーボール教材はチームでシェアできるのがメリットです。スパイク上達革命では、トスやレシーブ、サーブなどのプレーの練習方法は学べないので、江上由美のママさんバレー上達の極意など、別の教材が必要です。ただし、アタックを強化してチームの攻撃力を高めるのには適しています。スパイクのミスが多い私にはピッタリかもしれません。

また、スパイク上達革命を監修しているのが加藤陽一ということで、バレーボール選手として実績のある方です。加藤陽一といえば、元全日本男子バレーボール代表のエースアタッカーですよね。イタリアのセリエAリーグでもプレーしていました。早速、スパイク上達革命の件をチームメイトと相談しようと思います。

参考までに、ママさんバレーの練習方法や練習メニューを解説しているサイトです。

https://www.ママさんバレー練習方法.tokyo

バレーボールの個人指導スクール

こんばんは、美夏です。今日もバレーボール練習帳を書いていきますね。ブログ記事を書くのも慣れてきて、1日置きに更新できています。いい感じですね。こんな調子でブログもママさんバレーも続けていければいいなと思っています。

先日の記事では、バレーボールのスパイクが上手くなるコツを書いてみましたが、技術の向上のためには、ひたすら練習に打ち込むのではなく、バレーボール上達のための効果的な練習法やメニューが必要です。要するに、方法が間違っていれば、結果も出ないという話です。

スパイクやトス、レシーブ、ブロック、サーブなどの基本的な個別の技術を磨くには、どうすればいいのか、私なりに考えました。普段は週末に小学校の体育館で、ママさんバレーの練習があります。所属しているチームで内で行うチーム練習ですね。これだと、優れた指導者がいないため、チーム全体の実力はなかなか伸びません。それでも、一生懸命に練習をするのですが、強豪チームとの実力差はすごく感じます。

効率的にバレーボールの実力を伸ばすために、経験や実績のあるコーチなどの指導者に習う必要性を感じざるを得ません。そこで、バレーボール教室やスクール、レッスンなどを探してみました。東京バレーボールアカデミー(TVA)という個人指導専門スクールがあるのです。個人指導専門のバレーボールスクールは、東京バレーボールアカデミーの他にはないみたいですね。TVAでは、小学生くらいのジュニアからママさんバレーの指導まで対応しているとのことで、実力アップに使えそうです。

個別指導ということで、弱点の克服や得意なプレーを伸ばすのには効果的です。在籍コーチもバレーボール経験や指導実績がある方達です。東京バレーボールアカデミーでは、お試しレッスンがあるので、まずは試してみるのがよさそうです。東京バレーボールアカデミーにて、スパイクの特訓をして、試合で活躍できれば、メンバーが私を見る目も変ることでしょう。チームメイトにはナイショで、TVAに行ってみようかしら。

バレーボールのスパイクが上手くなるコツとは?

おはようございます、美夏です。お盆あたりから涼しくなったと思ったのですが、先週末はとても暑かったですね。土曜日は、ママさんバレーの練習会が近所にある小学校の体育館で行われたので、参加してきました。体育館は蒸し風呂のようになっていて暑さのため、練習が捗りませんでした。気を抜くと、熱中症になってしまいますよね。みなさんもスポーツや仕事で、あまり無理をせずに気をつけてくださいね。

さて、今日はバレーボールのスパイクが上手くなる方法やコツについて書いてみようかと思います。スパイクというのは、アタックと同じ意味で使われます。バレーボールのスパイクとアタックの違いは何かという疑問がありますが、特に違いはありません。アタックは、攻撃を意味する英単語ですね。どちらを使っても構いません。

スパイクでよくある悩みが上手くミートできないというものがあります。ボールを手の平で打ちますが、この動作が上手くできないのです。ジャンプのタイミングやボールと自分の位置関係が悪いのかなと思います。あとは、スパイクのコントロールが悪く、真っ直ぐ打てないという悩みです。スパイクでミスをすると、得点を上げられないので、試合の勝敗に影響します。バレーボールはチームスポーツなので、スパイクのミスをすれば、責任が重くのしかかります。トスは上手いのにスパイクでネットに引っかかってしまうなどのミスは致命傷です。

スパイクのコツは、タイミングを合わせるための助走にあると思います。また、相手のブロックの有無や守備方法で、スパイクの打ち方も変ってきます。ジャンプするときの踏み込みの強さも関係あります。アタックのコツと言っても、複数のポイントがあります。これらを1個づつ見直していくしかないですね。

スパイクのバリエーションとして、クイック攻撃もありますし、効率的に技術を上げるスパイクの練習メニューがママさんバレーには必要です。長くなってしまったので詳しくは、次回以降に書きたいと思います。私もチームを引っ張っていけるアタッカーになりたいものです。

チームメンバーに秘密のブログ

はじめまして、美夏といいます。今日から、バレーボール練習帳としてブログを開設することに成功しました。ブログを書くのは、初めてですがよろしくお願いします。現在、私はママさんバレーのチームに所属しているので、その練習や試合結果について、日記形式でブログに書き残しておこうと思っています。チームの公式ブログとしてではなく、私の個人的な日記です。試合や練習で気づいたことや、愚痴などがメインになります。

ママさんバレーのチームメンバーには、このブログのことは秘密にしてあります。何か言われたりすると思います。ですので、どこのチームに所属しているのか地域などは、書かないようにします。ママさんバレーの世界は狭いので、どこの地域かだけでバレてしまう可能性は高いです。地域ごとにチームの数は限られていますからね。バレーボールをやったことがない人でも、このブログを通じて、ママさんバレーに興味を持ってくれたらと思っています。

ちなみに、未経験からでもママさんバレーを始めることは可能です。もちろん、私のチームでも、バレーボール未経験者から始めたメンバーが何人かいます。私は中学や高校でバレーボール部に所属していたので経験者であります。ブログでは、バレーボールの魅力やチームの人間関係について、赤裸々に綴っていければと考えています。

ここからは余談です。今日、ネットのニュースで見たのですが、PTA出席代行サービスなんてものがあるのですね。まあ、PTAに出席したくないという人も多いでしょうから、PTA出席代行の需要があるのも頷けます。世の中、いろいろな代行サービスがありますからね。驚くほどでもないでしょう。私の体感ですが、PTAに入らないという人やPTAを退会したいという人も多いと思いますよ。PTAと同様に、ママさんバレーの人間関係も複雑ではあるのですが、私のいるチームでは、なんとか上手くやっていけてます。いまのところといった感じですけどね(笑)